この取り組みはEMOの姉妹サークル「グリーンコンシューマーサークル」と県大生協職員が実施しています。 県大生協ショップでのエコ文具販売率を増やす活動を進めています。

エコ文具の導入・認知度向上に向けての取り組み

具体的には年4回の商品入替導入作業によりエコ文具の拡充を行い、 「文具ウォーカー」(新入荷商品紹介ミニポスター)やPOPの作成・ 掲示、および年2回の 陳列棚改変と供給データ分析を継続的に進めています。作業の結果、2001年度から 2007年度にかけてエコ文具供給額比率は約 30%から約70%に大幅に改善しています。 また今年春には、新入生へのエコ文具紹介パンフレットを作り配布することによって、 エコ文具の認知度アップを目指しています。