link newspaper clock trophy quill file-text2 spoon-knife earth
Menu Icon
  • P1050872
  • P1060097
  • P1060021

環境マネジメントシステム(EMS)

環境マネジメント事務所(EMO)は環境マネジメントシステム(EMS)の導入・運用支援を行っております。
環境マネジメントシステムは、EMS(Environmental Management System)とも言われ、
「全体的なマネジメントシステムの一部で、環境方針を作成し、実施し、達成し、みなおしかつ維持するための、
組織の体制、計画活動、責任、慣行、手順、プロセス及び資源を含むもの」です。

導入と運用支援

EMSは「行動のルールを作成する構築」と「その運用」から成ります。
EMS導入後は関わり人や取り巻く環境は刻々と変わるため継続的に改良が必要となります。

 

導入・運用支援事例

滋賀県立大学生協
組合員数は約13万人、
職員数約800人(2007年3月時点)

日々の業務について調査を行い県大生協職員と協議します。
業務改善手順をまとめ、提案、EMS文章の改定を行います。
2001年から現在まで継続的に行っている活動です。

さらに詳しく

コープしが
組合員数は約13万人、
職員数約800人(2007年3月時点)

生活協同組合コープしがは滋賀県の地域生協です。
2007年に内部環境監査や第三者レビューの実施、2008年にはISO14001更新審査に参加しました。内部監査では、実際にシステム上の改善提案を行うことが出来ました。

さらに詳しく

JA東びわこ(本店:滋賀県彦根市)
組合員数約18,000人、正職員数332人(2007年3月時点)

滋賀県彦根市を中心に湖東地域をカバーする農協です。
これまでの支援実績から声をかけて頂き、コンサルタント及びインターンシップ生として認証取得の支援を行いました。
2005年3月に史上初の学生サークル支援によるISO14001認証・登録となりました。

さらに詳しく

コープイン京都(京都府京都市)
職員数40人(2007年8月時点)

京都市内に大学生協運営のコープイン京都というホテルです。
2006年にKES【地域版ISO14001】の認証取得の際、京都大学の環境サークルE-COOPとともに、コープイン京都のEMS作成、KES認証、環境報告書の作成を行いました。
2007年8月にはKESステップ1の認証取得に至りました。

さらに詳しく